スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 鋼の錬金術師「シャンバラを征く者」 感想その1

↓(辛口。アニメ好きな人はご注意を)↓
観終った時の率直な感想
なんの映画を観に来たんだっけ?L(゜□゜;)」

製作陣の趣味全開でしたね。
あの辺のことは中途半端に扱っていい題材じゃないと思っているので、
描かれ方に製作陣と趣味が合わないと感じました。
大量に人を殺したりするのも(キャラ殺しすぎ。在庫処分じゃないっての)、
残虐シーンの作画が殊更気持ち悪く描かれてるのもねぇ…。

TV版もそうでしたが、話の流れが妙です。
ノーアが世間から冷遇されていることを知ったシーンの後に彼女を街中に
放置して走っていくエドや、ハイデリヒの死を知った直後にアルがこちらの
世界に来たことを喜ぶエド(ハイデ放置…)や、もう少しどうにかならなかっ
たのかなーと。

表面上は優しいキャラのように描かれても、行動が伴ってないんですよ。
だから見ている方としては感情の動きについていけない。おもわず「アルさえ
いればいいんかい!」とツッコんでしまう(苦笑)。
脚本のせいなのか監督のせいなのか…。

OP良かったです。DVDのジャケットとTV版の映像を使ったものですが
格好良いの。ラルクのOP・ED共に大好き。
音楽は新曲も良かったですが、TV版のも使われていて泣かせてくれました。
あの場面でブラーチャは反則だ! 
声優陣は最初にタレントを使うと聞いたときは焦りましたが、皆世界に馴染ん
でいました。上手でした。

なんだかんだいってますが、大きな画面を動き回るエド達には感動してきまし
たよ。映画っていいよねぇ。迫力が段違い。

他キャラについて
・大佐(伍長)
雪だるまになって登場ですか! ギャグにしたかったのかシリアスにしたかっ
たのか謎の扱い。
・中尉
出番少なっ。「そんな嘘っ!」は私の気持ちだ(笑)
・ウィンリィ
エドアルにとって家族のようなものだと思っていたのですが、血の繋がりの
前では他人扱いなんだなと、寂しくなったり。彼女は大切な幼なじみを失って
一人で生きていくんですね…
・イズミ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!
・ハイデリヒ
かわいそう大賞。なにもかも悲惨…
・エッカルト
ひとりで騒いでた…
・警官ヒューズ
別にヒューズの顔してなくてもよかったような
・ノーア
将来的にエドと恋仲になるんでしょうか。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(FULLMETAL ALCHEMIST)

「人は何かの犠牲なしに、何も得ることはできない。何かを得るためには、同等の代価が必要となる。それが錬金術における等価交換の原則だ・・・。」荒川弘原作で、2003年10月~2004年9月にTVアニメ化された「ハガレン」こと「鋼の錬金術師」の続編にあたる物語。公開

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール

るるもも

  • Author:るるもも
  • 焔の錬金術師、テニスの王子がすきです。
    話題はそこら辺中心。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。