スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンガン4月号

ロイアイで騒いでるようで落ち込んだりもしてます。
鋼の錬金術師 第57話の感想です。
タイトル「イシュヴァールの傷」

車中で話し合う大佐・中尉・アームストロング少佐。
少佐はイシュヴァールで目を背けたものと戦う意志を見せます。
大佐も軍に残ると語ります。
この2ページの大佐が す ご く 格 好 良 い で す。
うだつがあがりました。先月号で子供にカツ揚げされていた人と同一人物とは
思えません(笑)

ランファンとメイはノックスの家で出会うや否や、険悪な雰囲気。
ヤオ家とチャン家は互いに皇帝の座を狙う敵同士だからだそうです。
でもノックスが間に入って、戦いは強制終了。洗面器と食器攻撃。痛そうです。

スカーはマルコーに「全て話せ」と詰めよります。でも、くちふさいでたら
マルコーさんしゃべれないよ。


エドは中尉に借りていた銃を返そうと、彼女の家へ向かいます。
丁度、中尉はシャワーを浴びていました。シ ャ ワ ー シ ー ン!
エドに続いて、今度は中尉です。来月は誰?
玄関のドア越しに声をかけられ、エドが来たのを知った中尉。
「ちょっと待ってて 今出るから」
着替えようとするその背中には、火蜥蜴の陣が―――!

火蜥蜴って言えば、大佐の発火布の陣ですよ!!!
なぜそれが背中に??
中尉のハイネックには理由があるって荒川さんがどこかでおっしゃっていた
そうですけど、これが理由ですか? 確かに首のところから陣が描かれている
ので、隠すにはハイネック着ておかないといけませんね……。

ロイアイ好きとしては、どうみても大佐と中尉に関係するエピソードが描かれる
前振りだと考えたので、最初に読んだ時は期待に打ち震えたのですが。

今は怖いのでもういいとか言いたくなったり。ごめんなさい。

ああだめ。今の私には悪い展開しか思いつかないです。

この件に関してあーでもないこーでもないと考えて、感想がなかなか書き上が
らなかったのですが、一旦リセットします。他ブログ・サイト様の感想を色々
拝見したのですが、皆さん、奥の深い考察してらっしゃいますねぇ……。
前向きに考えたら「いざという時に大佐の焔を無効化して、大佐を守ることが出
来るもの」ってのが良いなぁ……。上に火傷の跡があって不完全な陣になっ
ちゃってるから、既に発動済なのかな。

少佐、ノックス、マルコー、スカー、「本当の化け物と闘っているときにこそ、
己がただの『人間』である事を実感できるよ」と自嘲的な大佐、タイトル通り
『イシュヴァールの傷』が痛々しかったです。恐らくは中尉の背中も含まれて
るんでしょうね。

スカーとマルコーが出会い、イシュヴァール回想編がどんどん近づいてきてる
っぽいですが……、目下気になるのは、エドが中尉の背中に気付くかどうかです。
気付いた方が話が一気に進みそうですけど、どうやったら見えるのかしら??(^^;
スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
プロフィール

るるもも

  • Author:るるもも
  • 焔の錬金術師、テニスの王子がすきです。
    話題はそこら辺中心。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。