スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USJ日記 その2

鋼の錬金術師プレミア・ツアーネタバレ その2です。
今月のアニメ誌に短編映画の写真が載ってますね。
なさけないたいさがいっぱい……
第5研究所内を走り回るエドとアル。前方に大佐を
見つけるなり、エドは攻撃態勢を。
大佐「無事だったか鋼の」(とびきりの笑顔。不気味だった・笑)
エドが飛びかかると、その大佐はエンヴィーの姿に。
アル「すごいや、兄さん。よく偽者だって分かったね」
エド「偽者だったのか…」
アル「え!?」

そうこうしている内に他のホムンクルス達も合流。
エドとアルのピンチを救ったのは、本物の大佐の炎でした。
アームストロング少佐やキンブリーなど国家錬金術師軍団も
到着し、大乱闘が開始されます。なぜかアーチャーさんも
味方としています。 
ホムンクルスの強大な力に苦戦し、大佐もピンチ!
大佐が画面に向かって語りかけてきます。
「今こそ君の力を見せてくれ」と。
見習錬金術師(自分)の指に嵌められた指輪がアップになり、
錬成陣が描かれ、術が発動されます。
しかし……

「やりすぎだ」(アームストロング少佐談)

ドッカーン!!
建物が豪快に爆発して、戦闘は一時終了。(ドリフの
ようなオチだな…)
夕暮れの中、エドとアルは軍部の面々に別れを告げ、立ち
去ろうとします。が、足を止め、こちらに近づき、
「さっきはすごかったな。またいつか会おうぜ」
とエドは言い残し、笑顔で今度こそ走っていきます。

それで終わりです。

やはり最大の謎は大佐とメカアーチャーが普通に喋って
いたことでしょうか。実は本編でもみんなと仲良くなり
たかったのかな、アーチャーさん……。

短編映画の後、劇場版の予告編もありましたが、
フェステイバルで見たものと同じでした(孤島っぽい
ところで謎の男と戦っているもの)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
プロフィール

るるもも

  • Author:るるもも
  • 焔の錬金術師、テニスの王子がすきです。
    話題はそこら辺中心。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。