スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に 第6話「綿流し編 其ノ弐 タカノ」

すっかり魅音の双子の妹・詩音のペースに巻き込まれている圭一。
綿流しの祭りの日、普通の村人には禁忌の場所である祭具殿に侵入しようと
する鷹野と富竹を見つけ(大川さん好きとして一言。富竹おかえりなさい~!)
興味を持つ詩音の巻き添えを喰らって圭一も中へ。

寝具殿の中には解剖道具がありました。綿流しのワタは臓腑のこと。
祭りの由来やらを楽しそうに語る鷹野は、食前食後に優しくない人ですね。
たかのんやめてよたかのん。しょくごにみてたんだよ。

その夜、鷹野は焼死体で、富竹は喉を掻きむしった状態で発見されます。
(とみたけ、ふたたびさようなら~~ 泣)

綿流しの日には毎年、一人が死に、一人が行方不明となる。
だが、今年は鷹野と富竹の二人が死んでしまった。数を合わせるとしたら、
行方不明者も二人になるのではないか。
詩音の推測に圭一は、鷹野達が殺された理由として考えられる祭具殿の侵入を
そそのかしてきた彼女を責めてしまいます。
切られてしまう電話。一方的に切られた時のツーツーって音はなんか怖いよねー。
詩音は怒ったのか、悲しかったのか。どちらなのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ひぐらしのなく頃に
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に 第6話 「綿流し編 其の弐 タカノ」

ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1)綿流しの夜・・・そこで圭一は魅音と詩音そして、フリーのカメラマン富竹と看護婦の鷹野、刑事の大石と出会います。明かされた事実・・・圭一は富竹達から雛見沢ダム計画にまつわる連続怪死事件の話しを聞かされるのでした・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
プロフィール

るるもも

  • Author:るるもも
  • 焔の錬金術師、テニスの王子がすきです。
    話題はそこら辺中心。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。